カーテンのある生活  ~ カーテンの種類について ~

トップページ  > カーテンの種類について

カーテンの種類について

カーテンには様々な種類があります。生地の種類も豊富で形もそれぞれ全く異なってきます。人の好みでカーテンの選び方もずいぶん変わってきます。そこでこのページではカーテンの種類についてご紹介したいと思います。自分の部屋にあいそうなカーテン、自分の好みのカーテンを是非探してみてください。

カーテンで最も一般的とされているのがレースカーテンではないでしょうか?レースカーテンを購入する人は2枚重ねで使用するカーテンの内側に使う人が多いと思います。レースカーテンは透けているのが特徴で、昼間にカーテンを閉めていても太陽などの光を部屋に注ぎ込んでくれる役割をしてくれます。カーテンを開けっ放しだと日差しが直接部屋に入ってきてまぶしいかもしれませんが、レースカーテンを閉めると部屋に直接入ってくる日差しをさえぎってくれます。生地も薄いので、ある程度の光を通すこともできるし、風も通しやい作りになっています。重量も全くなく、部屋に重い印象を与えないカーテンだと思います。夜眠ったりする時や、朝目覚めるときはレースカーテン1枚での使用は向いていないと思います。薄手の生地なので外から部屋の中がうっすらと見えてしまうかもしれません。防犯対策を考えるのであれば、レースカーテンは他の種類と併用して使用することをおすすめします。

次に紹介するのがブラインドです。ブラインドと聞くとオフィスに使用されているイメージが強いかと思いますが、現在は多くの一般家庭でも使用されています。ブラインドは角度を自由に調節できる所がいいとされ、多くの支持をうけているようです。昼間になると外からの光を入れる為に全開にしたり、夕方の日差しがまぶしくなったら角度を調節して少しだけ光が入るようにしたり、夜眠る時にはブラインドを下げ、外からの光が全く入ってこないようにするのです。ブラインドと聞くと白いブラインドが私はイメージできます。白いブラインドが家にあるとなんだかオフィスにいるみたいな気分になるし、なんだか冷たい雰囲気になってしまいそうですよね…。しかしそれを解消してくれるのが木製で出来たブラインドです。色は茶色が主流です。木製のブラインドだと暖かみのある雰囲気の部屋がつくれそうはないですか?家具にもよく木製で出来たものってありますよね?それと一緒です。木製でできている家具を部屋に置くと、暖かみのある部屋が作れるのです。ブラインドをカーテンとして使うのであれば是非木製のブラインドを購入してみてはいかがでしょうか?お部屋も一気にオシャレになることでしょう!

ロールスクリーンというカーテンをご存知ですか?縦に開け閉めするタイプのカーテンで、開け方は布をくるくると巻き上げて、閉め方はくるくると巻かれた布をさげるのです。イメージできたでしょうか?よくオシャレなカフェなどに使用されているのをみかけませんか?ロールスクリーンカーテンは大きな窓よりも小窓に使用する人が多いかと思われます。例えば家の中の廊下の途中にある小窓。そういう場所に取り付けられているようです。また、バスルームなどにある小窓にも取り付けているそうです。もちろん防水タイプのロールスクリーンカーテンです。ロールスクリーンタイプのカーテンは柄がかかれていなかったり、一色だけのタイプが人気があるようです。

シェードというタイプのカーテンはロールスクリーンと同様、縦に開け閉めするタイプのカーテンです。シェードの特徴はカーテンを開けると布が折りたたまれていくようにカーテンが開きます。シェードも小窓によく使われているそうです。シェードには、バルーンシェードというタイプの種類もあって、カーテンを開けようとすると、丸みを作りながら折りたたまれていきます。バルーンシェードはやわらかい雰囲気があるので、レースタイプのような薄い生地のシェードを使用するとお部屋がエレガントになると思います。是非試してみてくださいね!

カーテンの種類についてお話しましたがどうでしたか?気になるカーテンはみつかりましたか?カーテンの種類は今回お話した以上にも沢山の種類があります。もっと色々なカーテンの種類がみたい、知りたい方は今すぐカーテン専門店へかけつけましょう!素敵なカーテンとの出会いがあるといいですね!

recommend

風船の教室
http://www.balloonworld.jp/school/

最終更新日:2017/2/17