カーテンのある生活  ~ カーテンの生地について2 ~

トップページ  > カーテンの生地について2

カーテンの生地について2

レースカーテンの次に代表的なものがドレープカーテンです。ドレープカーテンの特徴は生地に厚みがあることです。厚みがあることから、光を通しにくいので遮光性にも優れているでしょう。ドレープカーテンを一枚で使用すると、外からの光が通しにくいためお昼など日差しが出ている時にドレープカーテンを閉めきるのは向いていないと思います。ある程度外からの光は入れたいですよね。なのでドレープカーテンは1枚だけで使用するよりも、レースカーテンなどの薄手のカーテンと合わせて使用することをおすすめします。朝やお昼はレースカーテンを使用して、夜眠るときにドレープカーテンを使用するなど。生地に厚みがあることから外から部屋の中の様子をみえにくいともされています。また、ドレープカーテンは生地に厚みがあることから、防音機能が備わったドレープカーテンは他の種類のカーテンよりも防音性に優れているとされています。遮光機能や防音機能が他の種類のカーテンよりも優れていることから、プライバシーを守るということに適していると思います。カーテンが防犯対策の一つのアイテムにもなるということを覚えておいてくださいね!

カーテンの生地についてお話しましたがどうでしたか?選ぶ際に色や形を見て決めるだけではなく、生地の種類なども見てカーテンの購入を考えるのもいいと思います。

check

横浜の永代供養をランキング化!

2017/7/18 更新